【署名】日印原子力協定を放棄せよ! 安倍晋三首相とナレンドラ・モディ首相への国際アピール / Scrap the Japan-India Nuclear Agreement : an international appeal to Prime Minister Shinzo Abe and Narendra Modi

10552481_10152347324774958_1816751183552625987_n
日本とインドの反核団体などが協働して、日印原子力協定締結に反対する国際アピールしています。カレーはいいけど、原発や核兵器で協定を組んでもだめですね。今この協定がないことによって、ジャイタプール原発の建設も遅れているのです(原子炉内のタービン・シャフトが三菱製であるため)。この協定を通せば、ひいてはアジアに対する核拡散を堂々と許すことになってしまいます。賛同される方は以下のリンクをクリックして、ぜひ署名にご協力ください!
http://www.dianuke.org/scrap-the-japan-india-nuclear-agreement-international-appeal-to-prime-minister-shinzo-abe-and-narendra-modi/

(以下はDianuke.orgからの転載)
日印原子力協定を放棄せよ! 安倍晋三首相とナレンドラ・モディ首相への国際アピール

インドのナレンドラ・モディ首相が、8月末に来日します。そして9月1日に行われる安倍首相との会談では、懸案となっている日本とインドの原子力協 定締結に向けた交渉が一気に進む可能性があります。この問題を懸念する日本、インド、そして世界の市民は、両首相が協定に関する交渉を即刻停止することを 求めます。

この協定は、人々の反対を無視して暴力的に原発を推進しているインドを舞台として、世界の原子力産業に息を吹き返させるものです。そうなれば、福島 原発事故後に積み上げられてきた脱原発の努力は、すべて水泡に帰することになります。さらにこの協定は、インドの核兵器が正当化され、外国から核技術が提 供されるという、受け入れがたい前例を作ることにつながります。

福島第一原発事故は、原発で過酷事故が起きるとその被害が広く深く社会といのちを、未来にわたってむしばみ続けるものであることを世界に知らしめま した。この事故によって、日本国内では原発新規建設や増設は言うまでもなく、既存の原発の再稼働も非常に難しい状態になっています。

国内のこうした状況の中で、安倍首相は斜陽となった日本の原子力産業を延命させるために、諸外国と次々に原子力協定を結び、原発を輸出していこうと しています。すでに多くの原発輸出計画があります。国内では今も福島原発事故によって多くの人々が苦しんでいるというのに、原発事故とその悲惨な結果を経 験した日本が、積極的に原発を輸出しようとするなど、非常に恥ずべきことです。

とりわけ、インドとの原子力協定は多くの受け入れがたい問題をはらんでいます。インドは核兵器を保有しています。そして核不拡散条約に加盟せず2度 の核実験を行いました。日印原子力協定が締結されれば、それは事実上インドの核兵器を正当化することになります。さらには、インドが輸入された原子炉や核 燃料を民生用原子炉に使い、国内で生産されるウランをすべて自由に核兵器製造につぎ込むとしたら、日本から提供された核技術がインドの核兵器拡大を後押し することにつながります。この協定が締結されれば、日本がインドの核兵器製造に関与してしまうことになります。

そのようなことを容認するなら、それは広島と長崎で被爆した人々への冒涜であるだけではなく、世界の核廃絶へ向けた動きの中で日本が果たしてきた役割は地に落ちるでしょう。

安倍首相、あなたはまるで原子力産業の大使であるかのように、各国を歴訪しています。あなたの世界観では、原発や核技術の輸出が日本経済復活のカギ なのでしょう。世界中で「福島原発事故の経験と教訓」「安全な原発の提供が我が国の責務」と語っておられるようですが、まともな教訓を得ていれば、安全な 原子力などというありもしないものに固執し続けるのではなく、詳細で実現可能な避難計画を立てようとするのではないでしょうか。日本の責務は、いかに原発 のない社会を実現していくのかの道筋を行動で示すことであって、米仏の圧力に同調して日印原子力協定に狂奔することではないはずです。インドの原発市場が どれほど利益をもたらすものであっても、それらの原則を破ることは許されません。

モディ首相、インド政府はこれまで「福島原発事故が人々に及ぼす影響はそれほど重要なものではない」という見解を示しています。日本滞在中に福島へ 行って、今も終わっていない原発事故が人々の暮らしをどのように脅かしているのかを、ご自分の目で見てきてください。あなたがもし被害者の立場に立って考 えるなら、原発を推進するという考えはそこで断念されるはずです。被害者の側に立たないならば、福島を語らないでください。

両首相に強く求めます。日印原子力協定の締結に向けたすべての話し合いを放棄し、締結を断念してください。そして、核も原発もない未来を共に目指す と確認してください。福島事故後の世界においては、核も原発もない未来をいかに実現するかについて話し合う英知こそが求められているのです。

Scrap the Japan-India Nuclear Agreement : an international appeal to Prime Minister Shinzo Abe and Narendra Modi

The Indian Prime Minister Narendra Modi is scheduled to visit Japan on the 31st of August. On 1 September Mr. Modi and Japanese PM Mr. Shinzo Abe are expected to finalize the Japan-India Nuclear Cooperation Agreement. We, the concerned citizens and civil society groups of Japan, India and the world urge both the Prime Ministers to immediately terminate the negotiations.

This agreement effectively turns back the wheel of reckoning after Fukushima by rehabilitating global nuclear corporates in India which is violently imposing reactor projects on vulnerable people. Also, it sets an unacceptable precedent by legitimizing India`s nuclear weapons, manufactured by using international nuclear technology.

The nuclear accident at Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant demonstrated to the world that once a nuclear accident occurs, it affects the society and our life far into the future in unexpected and dangerous ways. In the light of this accident, Japan’s plans to build new nuclear power plants are next to impossible, and even restarting the existing reactors is highly objectionable and untenable.

Given these problems in the domestic realm, Mr. Abe has looked abroad to salvage the declining nuclear industry of Japan. The Abe administration has negotiated nuclear corporation agreements with many countries, and currently possesses huge plans to export nuclear technology. Given the current situation of Japan, where people continue to suffer from the unfolding disaster in the Fukushima Daiichi nuclear plant, it is embarrassing that Japan that has experienced the accident and disastrous consequences of this technology is thoughtlessly exporting nuclear technology to other countries.

The Japan-India Nuclear Cooperation Agreement has multiple unacceptable implications. India possesses nuclear weapons, and had tested them twice without joining the Nuclear Nonproliferation Treaty (NPT). Conclusion of the Japan-India Nuclear Cooperation Agreement would be a de-facto legitimization of India’s nuclear arms. Furthermore, Japanese supply of nuclear technology will boost India`s nuclear arsenal as India would use imported reactors and fuel for its civilian reactors and its domestic uranium reserves would be entirely free for weapons production. It implies that by concluding this treaty, Japan would effectively be participating in India’s nuclear weapons program.

If we allow this agreement to be concluded, it would be a sin not only against Hibakushas who survived the a-bombs in Hiroshima and Nagasaki but would also undermine Japan`s role in the world for global nuclear disarmament.

Prime Minister Abe, you are traveling all over the world as an ambassador of the nuclear industry. Export of nuclear technology is the key for Japan’s economic revival in your worldview. You have the penchant for lecturing to the world about the lessons learnt from Fukushima and Japan’s responsibility to provide safe nuclear power plants. However, if there is any lesson to be learnt from Fukushima, it is not to continue with the oxymoron of nuclear safety but for detailed and immediate evacuation plans in Japan. We believe that our primary responsibility is to demonstrate that we can create the world without nuclear power, not to act under pressure from pro-nuke countries like U.S. and France. The lucrative nuclear market in India cannot be allowed to undermine these principles.

Prime Minister Modi, the Indian government has announced that the effects of Fukushima nuclear accident are not “really crucial.” Please visit Fukushima while you are in Japan, and see how people are suffering, see for yourself how this ongoing nuclear accident continues to destroy lives. If you can put yourself in the survivors’ shoes, you will give up your plan to promote more nuclear power. Invoking Fukushima is a cruel joke if you cannot stand on the side of the Fukushima survivors

We request both the Prime Ministers to stop any further discussion on the Japan-India Nuclear Cooperation Agreement, and withdraw from the negotiations. In the post-Fukushima world, it would be more prudent to discuss about creating a future without nuclear weapons and nuclear power.n out of pure human concerns is totally unacceptable.

Advertisements