11月11日・20日:カリフォルニアのディアブロ・キャニオン原発立地地域のチュマシュ族について学ぶイベント

カリフォルニアで唯一残っている原発、ディアブロ・キャニオン原発ですが、この原発の土地はチュマシュというインディアンの土地です。現地在住で、連邦政府認定部族Santa Ynez Band of Chumash Indians部族政府内環境課中村あゆみさんによるプレゼンが11日はみんたる、20日には北大で行われます。原発のことはメインではないかもしれないけど、超参加おすすめです。

この流れで12月初旬は現地で行われるディアブロ・キャニオン廃炉祈願断食に合わせたちょっとした応援イベントをやろうかなーと思ってますので、企画に興味のある方、ぜひぜひ11日にみんたるでお会いしましょう!(萩谷が札幌に被ばくを理由に移住したために、今後札幌関係の情報が増えていくと思います。ハイ・パワー関係が停滞しててごめんなさい!)

カリフォルニア・ネイティブ チュマッシュ・インディアンズ ナゥ!

11月11日(火)19:00〜 @フェアトレード雑貨&レストランみんたる ( 〒001-0014 北海道札幌市北区北14条西3丁目2−19) ONE DRINK ¥500 + カンパ

10704037_831310376889039_4490367824393126514_nカリフォルニア州中南西部をホームランドとするチュマッシュ・インディアンズは北米でもっとも古い民族のうちの一つで、様々な言語・政治・文化・その他の グループを有する洗練された伝統を保持する先住民族です。その中には、連邦政府認定部族、州政府認定部族、グラスルーツで認定を拒否する集団、垣根を越え チュマッシュ全体として活動する組織など、複雑かつユニークな重層的先住民族運動を現在展開しています。渡米後すぐに様々なチュマッシュと関わり始め、連 邦政府認定部族政府の環境課にて文化生態系復元とビデオ制作担当として勤務中の発表者が、そんな現代のチュマッシュ先住民族の現状をリポートします。

11月20日(木)18:00〜 @ 北海道大学大学院メディア・コミュニケーション棟605号(〒060-0808 北海道札幌市北区北8条西5丁目) 参加費無料

10670065_835930886426988_3698362318366612212_n『チュマッシュ・インディアンズとコミュニティ構築』というテーマで重層的、複雑な政治・経済・文化・言語・社会構成を持ちつつ先住民族権利回復運動を展開しているチュマッシュのコミュニティについてリポートです。

発表者中村あゆみさんの略歴

ナカムラアユミ;京都生まれ。1996〜2009年、オホーツク紋別にて漁業、林業に従事。2008年、宗谷岬から対雁までの樺太アイヌ強制移住ルートを 1ヶ月かけ徒歩で辿った[Pirka Kewtum Apkas]の事務局。2009年渡米。サンタ・バーバラ市立大学環境園芸学部復元生態学全コース終了。連邦政府認定部族Santa Ynez Band of Chumash Indians部族政府内環境課にて勤続2年目。

Advertisements

カリフォルニア最後の原発、悪魔渓谷(ディアブロ・ キャニオン)ヴァーチャルツアーVol2! in 世田谷/ Keep Talkin’ Against Diablo Canyon in Setagaya

DSCN1171 DSCN1173
本日(5.22)に、素人の乱12号店でのトークを行いました。雨の中、来てくださった皆さんに感謝。トークの内容はディアブロ・キャニオン近辺地域の話だけでなく、会場からの質問に合わせて代替エネルギー選択やサンオノフレ原発廃炉までの経緯など多岐にわたりました。もちろん大飯原発再稼働差止めの話に、ハンフォード・サイトからの応援の話なども含めて。。国家レベルでない、市民ベースの「外圧」につながっていくように、もっともっと日本の皆さんからのお話も聞きたい!そんなわけで、来週火曜日の午後に、世田谷のfrom Earth Cafe OHANAにてもういっちょトークします!ぜひ、お誘い合わせの上、いらしてください!

0527_dcnpp_carole

2011年のフクシマ原発の事故以後、米国でも原発についての議論が激化しました。
地震の多いカリフォルニアには原発が2箇所ありますが、原発業界は「日本と違って地震がないから安全」と言い続けています。そのうちのサンオノフレ原発は去年無事に廃炉まで持ち込んだものの、残るディアブロ・キャニオン(悪魔渓谷)原発はいまだ稼働中です。
その原発の存在を知らずに真裏の農場に引っ越してきたのが、元J-Wave/ InterFMのラジオナビゲーターだった、ジャーナリストのキャロル久末さんでした。日本に滞在中のキャロル久末さんに、カリフォルニア最後の原発をめぐって揺れる地元の話、米国から見たフクシマについて語っていただきます!司会進行はオークランド在住で反核通訳者の萩谷海!米国のデモ映像などを見て、語り合いましょう!

日時: 2014年5月27日 午後3時〜午後5時
住所: from Earth Cafe OHANA (〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6-1F)
料金: ワンドリンク
連絡先: amnioticfluid@gmail.com
Facebook: https://www.facebook.com/events/239661199566917/

We had a dense talk session on Diablo Canyon Nuclear Power Plant today! Thanks to all who came all the way in this heavy rain! Not only did we talk about Diablo Canyon Nuclear Power Community, we discussed about community energy aggregation system, Fukushima Resolution, and little bit about San Onofre Nuclear Generating Station! Of course the latest victory on Oi reactor as well as a little bit about Hanford Site community who showed us so much solidarity since 2012 to Oi reactor community! We hope that this will bring good people-based “external pressure”, not nation-state-based. We also are interested in hearing what is going on in Japan as well to bring back to our community. So we decided to carry one more talk before Carole leaves Japan. Come to Setagaya from Earth Cafe OHANA on Tuesday afternoon!

Carole Hisasue, a journalist, who lives near California’s last nuclear power plant Diablo Canyon Nuclear Power Plant will speaks at Shiroto No Ran (Fudeno Bld. Suite#2, 3-8-12 Koenji Kita Suginami-ku, Tokyo) on her experience in San Luispo, learning about Fukushima from California, and what’s up with Diablo Canyon Nuclear Power Plant. A California-Japan-based interpreter Umi Hagitani will moderate the event!

Date; Tuesday, May 27th, 2014. 3pm-5pm
Address: from Earth Cafe OHANA (103206, Sangenjaya, Setagaya, Tokyo, 154-0024)
Fee: Please one drink to support the space
Contact: amnioticfluid@gmail.com
Facebook: https://www.facebook.com/events/239661199566917/

カリフォルニア最後の原発、悪魔渓谷(ディアブロ・ キャニオン)ヴァーチャル・ツアー!/ Let’s Talk about California’s Last Nulear Power Plant in Shinjuku, Tokyo

(English at the bottom)
0522_carole_umi
2011年のフクシマ原発の事故以後、米国でも原発についての議論が激化しました。
地震の多いカリフォルニアには原発が2箇所ありますが、原発業界は「日本と違って地震がないから安全」と言い続けています。
そのうちのサンオノフレ原発は去年無事に廃炉まで持ち込んだものの、残るディアブロ・キャニオン(悪魔渓谷)原発はいまだ稼働中です。

その原発の存在を知らずに真裏の農場に引っ越してきたのが、元J-Wave/ InterFMのラジオナビゲーターだった、ジャーナリストのキャロル久末さんでした。
日本に滞在中のキャロル久末さんに、カリフォルニア最後の原発をめぐって揺れる地元の話、米国から見たフクシマについて語っていただきます!
司会進行はオークランド在住で反核通訳者の萩谷海!米国のデモ映像などを見て、語り合いましょう!

場所:素人の乱12号店 (〒166-0001 東京都新宿区阿佐谷北2丁目15-17)
入場料: 無料
Facebook: https://www.facebook.com/events/1493451627536721/
※このイベントは、Ustreamでの中継も行われます。

Carole Hisasue, a journalist, who lives near California’s last nuclear power plant Diablo Canyon Nuclear Power Plant will speaks at Shiroto No Ran (Fudeno Bld. Suite#2, 3-8-12 Koenji Kita Suginami-ku, Tokyo) on her experience in San Luispo, learning about Fukushima from California, and what’s up with Diablo Canyon Nuclear Power Plant. A California-Japan-based interpreter Umi Hagitani will moderate the event! Starts at 7PM and free of charge! Please feel free to contact Umi Hagitani (amnioticfluid@gmail.com) for details! This event will be ustreamed as well.

The artwork is called ‘Devil’s Due – Meltdown At Diablo’ painting by Mark Bryan – ArtOfMarkBryan.com