【報告】インド反原発映画「ハイ・パワー…」監督がゆく、東京アゲイン

インド最古の原発で、フクシマ原発に使われているGE社のマークIより古い世代のタラプール原発立地地域を描いたドキュメンタリー「ハイ・パワー:大いなる力」の上映ツアー、東京でまた新しい仲間と交流した記録です。

10552481_10152347324774958_1816751183552625987_n7月31日: 高速バスに乗って、福島県郡山市を出発して、新宿に帰ってきました。インドの反核活動家であり、核廃絶と平和のための連合やDianuke.orgの運営を行うクマール・スンダラムさんが、日印原子力協定に反対アピールを行うための緊急来日中だったために、監督と外国人特派員協会での記者会見、そして京橋区民会館でのシンポジウムに応援・参加しました。フクシマへの訪問と、同胞であるスンダラムさんの講演を聞いて刺激を受けたようです。この日は東京新聞の社会面に、原尚子記者によるインタビューが掲載されました。ありがとうございます。
この日はヒロシマからCOP12まで「地球は一つの大きな家族」をスローガンにピースウォークを行う濱田直翔さんと、ピースウォークを支えるお仲間との顔合わせもありました。応援してます!

http://www.youtube.com/watch?v=llgVXuElyyc
10590403_10152347326229958_6972584876090444770_n8月1日: 午後はティーチ・イン沖縄さんの主催で津田塾大学での上映会を行いました。東京新聞の効果もあり、40名ほどの参加者がいらっしゃいました。ティーチイン沖縄の上原こずえさん徳田匡さんによって、沖縄での米軍基地建設にともなう土地収奪、強制工事や補償問題とインドのジャイタプール原発建設地での状況が酷似していることや、英国からの独立も踏まえた上で、いかにインドも長い開発をしてきたかを、改めて振り返りました。参加していた方からは「私は在日朝鮮人ですが、今回の福島での事故で、日本に対する希望を完全に失いました。これからはカナダに避難します」とコメント。現在の日本の現状は、決して3.11に始まったことではないことであると改めて感じました。この日の通訳は、8bit Newsのしょうこさんにお手伝いいただきました。監督は単身ふたたび官邸前行動に参加しました。

8月2日:監督はお昼に週刊金曜日の村上朝子記者から取材を受けました(掲載は決まり次第お知らせします)。夕方から東京都台東区にある谷中の家さんの月イチ反原発映画祭での上映会を行いました。上映会とトーク、そして上映後のカフェトークで、たっぷりと東京のみなさんと交流をすることができました。監督曰く「独仏米でも上映ツアーを行ったが、これほど一人ひとりが、情熱を持って話し合おうとしている日本には驚く」とのことです。主催者のみなさん、観客のみなさんともに、官邸前行動でご一緒したり、原発だけでなく色々な問題(だけでなく解決法やアイデア共有の面でも)でフットワークの軽い皆さんから、監督とともに刺激をいただきました。この日も社会問題を研究する学生さんが通訳サポートとしてボランティアをしてくださいました。上映ツアーを通して、これまで見えてこなかった東京が見える思いでした。10409285_1445140772428146_583002811217825732_n

8月3日:日本山妙法寺の皆さんの車に便乗して、大船から広島へと移動の一日。監督は、谷中の家の植松明子さんからいただいた甘蔗珠恵子さんの「まだ間に合うなら」を熟読。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s